お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合いの身上書

お見合いをする前に必要となる書類のひとつに身上書という物があります。

 

お見合い相手と顔合わせする前に必要となる書類は、書面での自己紹介と言え、お互いに相手が結婚相手にふさわしいかどうか知っておくための情報公開のようなものなのです。

 

身上書を渡して、結婚相手としてふさわしくないと相手方に判断された場合は、お見合いをすることが出来ないので、書類審査を受けているといった感じでしょう。

 

お見合いになくてはならない書類である身上書は、釣書とも言われているのです。

 

釣書は、お見合いする双方の釣り合いが取れているか事前に確認するという意味から来ている言葉なのです。

 

主に関西方面で釣書という言葉が使用されてきたようですが、現在では全国で使用されています。

 

お見合いの身上書は、万年筆、毛筆、筆ペンなどを使用して直筆で書くのが一般的です。

 

無地の便せんを用意し、下手でも読みやすく書けていれば気持ちが伝わりやすくなるのです。

 

本当にお見合いする意思があるのであれば、決してワープロなどは使用しないように気をつけましょう。

 

顔合わせをする前から、マイナスイメージを与えてしまうだけではなく、礼儀のない方と思われてしまい、お見合いが白紙に戻ってしまう場合もあるかも知れません。

 

字の上手い下手ではなく、心をこめて書くことに意味があるのです。

 

お見合いの身上書には、自分の身長や体重、健康状態、趣味や年収、自己PR等を記入します。

 

当時の話題作りに利用されることが多い身上書は、嘘偽りなく記入することが大事です。

 

お見合いで使用する履歴書や家族書も手書きで書くのがマナーでしょう。

お見合いの身上書関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合いの身上書