お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合い話の断り方

結婚適齢期に入るとお見合い話をもらう事もあるのではないでしょうか。

 

仕事や親戚関係などから強引に勧められ、結婚する意思がないまま、お見合いを受けてしまう場合もあるでしょう。

 

勧められるままにお見合いをして結婚を決めてしまうと、相手にも両親にも迷惑をかけることになりかねません。

 

お見合い話に気持ちが乗らない場合は、きちんと断るのが大人としてのマナーでしょう。

 

波風を立てないような上手な断り方を覚えておくことで、その後の人間関係も円満に行くのではないでしょうか。

 

会社の上司などにお見合いを勧められた場合は、断りづらい場合もありますが、結婚の意思がない場合は、はっきりと断ることが大切です。

 

はっきりと断るといっても、本当の理由を正直に話すというのではなく、相手を傷つけないような言葉を添えて丁寧に断ることが大事なのです。

 

お見合いを受けて相手の方を気に入らなかった場合でも、相手を傷つけないような断りの言葉を添えてきちんと断ることが大切です。

 

「私には出来過ぎた方で」「しっくり来ない」「もったいない」という感じの断りの言葉を添えて、1週間以内には返事をしましょう。

 

早めに断るのが礼儀なのですが、お見合いをした次の日に断りの返事をしてしまうのは、あまり良い事ではありません。

 

最初から断るつもりでいても、3〜4日は間を空けて断るのが礼儀でしょう。

 

お見合いパーティーなどのカジュアルな感じのお見合いを断わる場合には、直接断るのが良いですが、どうしても断りづらい場合には、電話や手紙、メールなどでお断りするのも良いとされています。

 

どんな形のお見合いでも相手を思いやった断り方が大事でしょう。

お見合い話の断り方関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合い話の断り方