お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合いの段取り

お見合いをする場合、段取りをきちんと行うことが大切です。

 

お見合いの意思が固まったら、はじめに仲介人を決める必要があります。

 

仲介人は、自分の信頼できる方を選びことが重要で、会社の上司や親戚、両親の知り合いなどが一般的です。

 

別の言い方をすれば、広い交友関係を持っている方が仲介人に相応しい方と言えます。

 

仲介人を決めたら、お見合い相手の条件などをきちんと伝えておくことが大事です。

 

親との同居や結婚後の仕事の事など、具体的な希望を仲介人に伝えておくことで、結婚の意思が強いことも伝わりますし、お見合いの段取りが進みやすくなるでしょう。

 

無事にお見合いが決まると、日時や会場を決めていきます。

 

お見合いする二人の間には、仲介人が入り双方の都合を合わせて日時が決まります。

 

直接お見合い相手やその家族と連絡を取り合う必要はなく、必ず仲介人を通して話をするためスムーズに段取りが進むでしょう。

 

お見合いの日時は、吉日の午前中が適していると言われていましたが、最近では、縁起を担ぐというよりも、お互いの希望する日時で行われる事の方が多いようです。

 

一般的に土日祝日にお見合いを行うことが多く、食事やお茶などを交えながら2〜3時間くらいの予定で行われます。

 

お見合い会場は、レストランや料亭、ホテル、喫茶店などが多いようです。

 

初対面となる二人が、リラックスできるような場所を選ぶの一般的でしょう。

 

食事を交えてのお見合いは、食事作法が気になり会話が盛り上がらないこともあるため、会場選びは注意が必要なのです。

お見合いの段取り関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合いの段取り