お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合いと仲人

本来は、世話人と仲人、媒酌人は、違う役割を持っているのですが、最近では、仲人がお見合いから結婚までのすべての場を取り持つことが一般的な様です。

 

そのため、仲人と媒酌人は同じ意味合いで使用されています。

 

仲人は、結婚する二人や両家の縁組をするのが本来の役割であり、結婚後も長いつきあいになる場合も多いでしょう。

 

そのため仲人の役割や作法をしっかり覚えておくことが大事です。

 

お見合いのセッティングをすることから仲人の役割はスタートします。

 

生涯の縁を取り持つ大切な仕事となり、条件に合った相手を探すことが始まるのです。

 

お見合い写真や身上書を双方に渡すのは、仲人の役割です。

 

お見合い写真の撮り方や身上書の書き方などを覚えておくことで、その時々の適切なアドバイスをすることが出来るでしょう。

 

双方にお見合いの意思が決まれば、お見合いの日時や場所を決定する事になります。

 

これも仲人の大切な仕事のひとつなのです。

 

双方の都合に合った日時を決め、ホテルやレストランなど会場を決めて予約します。

 

仲人の自宅に招いてお見合いが行われる場合も多いようです。

 

会場を決める場合は、両人の情報を少しでも多く入手してから決めた方が良いでしょう。

 

お見合い当日は、初対面となる二人の緊張をほぐしながら仲人がお見合いを進行していくのです。

 

マナーとして男性側から紹介するし、話の話題を提供するのも仲人の役割です。

 

緊張している二人の間に入り、会話を取り持って挙げる気遣いが重要なのです。

 

お見合いの時の仲人の服装は、堅苦しくならないに、洋服が好ましく、派手なアクセサリーなどは控えるように心掛けましょう。

お見合いと仲人関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合いと仲人