お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合いのお礼

お見合いが無事に終わったら、紹介者にお礼をするのがマナーでしょう。

 

お見合い当日は、自宅に戻ってから紹介者にお礼の電話をしておきましょう。

 

当日は紹介者への感謝の気持ちを伝えるだけにしておき、返事が決まっていたとしてもすぐに結論を出すのは控えておきましょう。

 

お見合いの返事が決まったら、改めて紹介者を訪ねて報告とお礼を伝えましょう。

 

この時に菓子折りなどを持参していくと良いでしょう。

 

断りの返事をする場合は、お見合い前にもらっていた身上書などを返し、お見合い時に立て替えてもらった費用なども清算します。

 

あいまいな返事では、相手の方に失礼になるため、率直な理由で丁寧に断るのがベストです。

 

交際を望む場合は、立て替えてもらった費用を清算する必要はありますが、身上書などは返す必要はなく、電話報告でも構いません。

 

お見合いが成功しても成功しなくても、双方で紹介者にお礼を送るのは礼儀です。

 

2万円から4万円程度の現金や品物を御礼として届けるのが一般的で、結婚まで話が進み、媒酌人をお願いする場合は、結婚式が終わってからお礼を送りましょう。

 

その場合は、表書きを御礼とし両家の連名で渡しましょう。

 

お見合いは、結婚することを前提として行われるため、二人の気持ちが決まれば、結婚への準備もすぐに始まります。

 

お見合いすることがなければ出会うことがなかったかも知れないため、紹介者へのお礼は忘れてはいけません。

 

お見合いの労と感謝の気持ちをきちんと伝えることが大切です。

お見合いのお礼関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合いのお礼