お見合いで素敵な人を見つける方法

お見合い後の交際

お見合いして、相手ともう少し話をしてみたい、交際してみたいと思った場合、紹介者にその旨を報告しましょう。

 

紹介者を通じて、お見合い相手に連絡してもらい、相手の返事を待ちます。

 

お見合い当日に、交際の意思を確認し合ったとしても、まずは紹介者を通してから交際することがマナーなのです。

 

お見合いが成功し無事にお付き合いをすることになっても、結婚を前提とした付き合いであることを忘れてはいけません。

 

お見合い後の交際は、恋愛して交際するのとは違い、相手の事を知るためにするものなのです。

 

この人と結婚しても大丈夫かどうか確認する期間でもありので、長い期間の交際は好ましくないでしょう。

 

お見合い後の交際は、3ヵ月から6ヵ月程度が目安で、結婚する気持ちにならなかった場合は、二人で良く話し合って結論を出す様にするか、紹介者へ断りの返事をして伝えてもらいましょう。

 

お見合い後の交際期間は、気持ちが盛り上がったとしても外泊は控えましょう。

 

お見合いは、間に紹介者がいることを忘れてはいけないのです。

 

交際するにも断るにも必ず紹介者に相談や報告することが、お見合いのルールというものです。

 

交際が順調に進んだら、お互いの家を訪問する等して、家族ぐるみの付き合いをしておくと、結婚後のトラブルもおきにくくなるでしょう。

 

また、相手の自宅を訪問することで、どのような環境で育ってきたのかを知ることも出来るでしょう。

 

お見合い後の交際で、何か困ったことや悩みなどがある場合には、どんなことでも紹介者に相談しましょう。

 

お見合いから結婚、結婚後も紹介者とは長い付き合いになる為、信頼関係を築いておくことが重要なのです。。

お見合い後の交際関連エントリー


お見合いでのマナーや様々なお見合いの形を紹介しています

Copyright (C) 2010 最新お見合いガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

お見合い後の交際